前回の更新からかなり時間がたちますが・・今日からまた施工事例の紹介を中心に、ブログの更新を再開したいと思います。

今回は出雲市のN様邸をご紹介します。

N様のお宅は目の前に交通量の多い道路があり、玄関の目隠しをご要望でした。そこで格子状のフェンスとタイルを貼った目隠し壁にシンボルツリーを組み合わせて、デザインのポイントとしました。

玄関ポーチ前にタイルを敷き、植栽は大きめ(高さ120cm!)のプランターで高級感を演出しています。

N様のご要望の中で最優先事項であったウッドデッキは、板材に特徴のあるLIXILの「樹ら楽ステージ木彫」です。サイズも間口約7mとかなり大きめです。

ウッドデッキの上でご家族皆さんで過ごされたり、洗濯物・布団を干したりと、サイズが大きいことで使い方の幅が広がりますね!

お家に合わせたモノトーンの色合いとシンプルなデザインの中に、タイルやプランターなどポイントで質感を演出することで洗練されたファサードになったのではないかと思います。

シンプルなデザインは作る側には勇気が必要です。下手すると安っぽく面白みのないものになってしまいます。「洗練を突き詰めるとシンプルになる」とはレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉ですが、シンプルながら素敵なお庭・外構をこれからもご提案していきたいですね!